Rain Second 36

目が覚めても、お前はいなかった。
もしこのまま別れることになっても、荷物は取りに来るはず。そのとき、ちゃんと。
土下座でもして謝ってお前にここにいてくれと頼む。俺を愛してくれと。
許してくれ、と。

ユノの携帯から電話がかかってきた。
「もしもし?」
焦って出たけど、その、声は。
「もしもし・・・あの、チャンミンさん、ですか?」
知らない声だ。
「はい、そうですけど、あなたは?」
「ホジュンと言います。ユノの、友達です」
・・・誰だ。俺は聞いたこと、ない。
「そう、ですか。・・・で、ユノは?」
「今、横で寝てます。ずっとあなたのこと・・・話してたから」

その言葉に、うれしい気持ちよりも、嫉妬が沸き上がる。
ユノが隣に眠るほどの親しい仲。ユノのスマホを勝手にいじれるような。
動揺しながらも、ここで舐められるわけにはいかないと、気合を入れなおす。
「あの・・・つかぬ事をお伺いしますが」
「なんですか?」
「ユノとはどういうご関係でしょうか?」
ホジュンさんはわかりきったことを聞いてくる。カッとなって、思わず。
「恋人だ。ずっと俺の話してたなら・・・わかるだろ?」
電話の向こうで、フッと笑い声がする。・・・なんだ、こいつ。
「恋人なら・・・どうしてあんな遅くに、ユノが僕のところに来るんです?」
「それは」
「別に僕はユノとはそういう関係にはありませんがね。ユノさえ望むなら、いつだってなれるんですよ」
「あんた・・・何を」
「恋人であるあなたがちゃんとしないから、僕の所へ来たんでしょう?」
「ただの誤解だ」
「そうでしょうか? ・・・ユノはしばらく泊めてくれと言ってます。僕はいつまでいても構わないと言いました」
楔を、打ち込まれたように。
苦しくて声が出せない。

別にいいんですよ、僕はいつでも、ユノを受け入れる準備はできています。
あなたの番号だって、今すぐ消すことができる。そこにあるユノの荷物は、大したものはないでしょう?
処分してくださっても構いませんよ。僕がすべて、住む家も、着る服も、愛情も、与えますから。

勝ち誇ったようにそう言って電話は切れた。
・・・どうすりゃ、いいんだよ。ショックが大きすぎて。
動くことさえ、できない。


スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Rain Second 35

このまま、別れたほうがいいのか。すぐにでも追いかけたいくせに。
言い訳の言葉が、見つからなかった。お前の、あの傷ついた目。
でも、もしお前がこのまま戻らなかったら、俺はどうすればいい?
一時の気の迷いで、お前を永遠に失うのか。

そう思ったら、いても立ってもいられなかった。どっちへ行ったか分からないのに、適当にあたりを付けて。
走り出す。まだ捕まえられる距離しか動いていないはずなのに、見つけられなかった。
さては、反対か。舌打ちして、ユノに電話をかける。
・・・出ない。当然だ。わかってはいても。

あちこち走り回った。行きそうな場所はすべて行った。知ってる限りで電話もかけて。
店ももちろん行った。ユノは来ていなかった。連絡が来たら、電話してやるとレラに言われた。
仕方なく家に戻る。当然、鍵もかかってる。ドアを開けても、ユノはいない。
真っ暗な部屋。
なんでもない、夜のはずだった。お前を迎えに行って、ちょっとだけ夜の空気を楽しんで。
それのどこがいけない? 別に本気で浮気したわけじゃない。
ユノが見ていなかったら? ・・・そこは確かに即答できない、だけど。

お前を失うくらいなら最初からおとなしくしてたさ。
俺だってお前があんなに怒るなんて思わなかった。
今まで問題なく付き合ってきて、今さらこの程度のことでこんなけんかになるなんて。

・・・でも、さ。俺、おかしいだろ?
うれしいんだ。お前が、マジで嫉妬したことについて、さ。

一向に出る気のないお前の、スマホに。
留守電に語り掛ける。ごめん、許してくれ。ごめん、愛してる。お前がいないと眠れない。
お前が嫉妬してくれて、あんなにマジで怒ってくれて、ちょっと、うれしいんだ。
おかしいよな、俺。お前、怒ってるのにさ。

ユノ。・・・ユノ。ユノ、・・・会いたい。
お前じゃないとダメなんだ。お前を傷つけたことは、謝るから。
誰に色目使われても、絶対なびいたりしないから。

戻ってきてくれよ、ユノ。頼むよ。
お前が好きなんだ。ひとりじゃ、眠れない。
頼む、帰ってきてくれ。バカみたいだと思いながらも。
ずっと、スマホに語り掛けてた。

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

capture the angel 53

「太ってないもん!」
「・・・太った」
ユノの腹の肉をつまんだら、ピシッて手を叩かれた。
「家にいるからって食べてばっかりいるんじゃねえよ」
「・・・だって」
「いちごとお菓子禁止な」
「・・・やだ」
「じゃあその腹なんとかしろ」
ユノはぷうっと頬を膨らませて、言う。

「ダンス・・・してないからだもん」

お前に、人気がありすぎて。お前が無防備すぎて。
俺が縛りつけてる。
お前は仕事としてダンスを続けたいのに、その誘いはいくらでもあるのに。
お前が誰かに奪われるのが怖くて、外に出せない。出したくない。
「ダンスしなくたって、ダイエットはできるだろ?」
「そう・・・だね、それは、そうだよ。でも俺、踊りたい。みんなに見てもらいたい」

本当に寂しそうな顔を、見て。
やっぱり、俺がいけないんだと、改めて思う。
ユノはもう、俺のもんだ。信じればいい。ユノのしたいこと、ユノの言うこと、すべて。
信じればいいだけだ。

「どうしても・・・仕事、したいのか」
「家にいるだけじゃ・・・つまんないもん」
ショックだった。俺さえいればいいと、お前はそう思ってくれるって勝手に思ってたのに。

いいよ、わかったよじゃあ、仕事行けよ。投げやりにそう、つぶやいてた。



テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Bewitching angel 30

チャンミン、えっちしながら、昨夜の話考えてくれた? って。
昨夜の話ってなんかあったっけ・・・?
「結婚、だよ。俺、本気だから」
「けっ・・・こん?」
「ああ。俺毎日これしたい。朝も昼も夜も」
チャンミン、ほんとエッチばっかりなんだから・・・。
お昼は仕事でしょって聞いても、お父さんの会社で自分の担当地域にいれば大丈夫って。
とにかく結婚したいって何回も言うチャンミン。
するっていうまで、やめないからなって言いながら、がんがんしてくるから。
あんまりしたら壊れちゃうよぉ・・・。
「わ、かった・・・あ・・・、ん。けっこ・・・んっ、する・・・っ、から・・・ぁ」

言わされちゃった。寝て起きたら、そういうことになってて。
チャンミンはすぐにご両親に話したみたい。すごぉーい!

仕事の帰り、実家に帰って。
チャンミンのこと、話してみた。
最初はみんな驚いてたけど、今すごく幸せだよって言ったら。
父さんは、お前が決めたことなら仕方がない、母さんはうれしいって。
チャンミンにいったら、びっくりしてた。

「え? うれしい?」
「うん。かわいくない女の子に取られるくらいなら、かっこいい男の子と一緒になってくれたほうがいいって」
チャンミンは考え込むような顔をしてから。
「あの、さあ」
「ん?」
「今度、母さんたちだけ合わせてみないか?」

ん?
それってどーゆーこと??


テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Collection 42

貫かれ、手首をつながれたまま俺に抗おうとするユノの。
憎悪を込めたその目線にますます硬くなる。
薬の効果が弱まっているせいか、力を取り戻しつつあるユノは、俺に押さえつけられている足をしきりに動かす。
体ごとのしかかって押さえつけようとすると、拘束されたままの両腕で、俺の横っ面をぶん殴る。
「・・・っ」
「いい加減、離れろ・・・っ」
「あなたは・・・自分がどういう状況でここへ連れてこられているか、まだ理解していないようですね」
名残惜しい。・・・でも。
ゆっくりとその体から引き抜く。わずかな血を、見て。
俺の体が引き抜かれた直後のそこは、ぽっかりと口を開けている。
すかさず、足を押さえつけて。
「なっ・・・何を、する」
「きれいに口を開けているから、写真を撮って差し上げます」」
「やめろ! それ・・・だけは」
「言うことを聞かないからですよ」

まだ本調子じゃない。暴れる体を押さえつけ、両足で足を開かせたまま。
あられもない姿を、撮る。
悔しそうに呻くその姿さえ妖艶で。

あなたが言うことを聞かなければ、あなたの大事な妹も。
同じ目に遭うのですよ。・・・いい加減、諦めたらどうですか。

ユノは悔しさに涙をにじませる。鼻をヒクつかせ。
肉厚の唇を噛みしめる。足を開かせ、乾いたそこへローションを塗り付けて。
犯す。抵抗もしなくなったかわりに。
ビー玉のような色のない目から、涙をひとしずく流した。



テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

sui2618

Author:sui2618
東方神起ミンホ/ホミンBL。東方神起はふたり。ALLユノペン、ホミンペン、BUT迷彩チャミペン、エロチャミペン、ショタチャミペン。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
2014-2-12-homin1-200.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR