スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

capture the angel 54

目が、覚めたら。
ユノがいない。なんでだ! 思いながら、ベットから飛び起きる。
ふっと漂う匂い。・・・焦げてるな。
「あ!」
ユノ、俺が買ってきてやった白のフリフリのエプロン着て。
よくある、フライパン片手にフライ返しを持った姿で振り向く。
げっ・・・ゲロかわ・・・! かわいすぎて朝から鼻血が出そうだけど、
こいつがこういう慣れないことをするときは、大抵何かある。

「おっはよ! ご飯作ったよおー!」
「人様が食えるもの作ったのか?」
「しつれーな! ちゃんと作ったよ。ほら、目玉焼きだって・・・」
遠目に見ただけだけど・・・目玉つぶれてるし。ベーコンも焦げてる。
ベーコンここまで焦げ付かすってどういう・・・。
「ねっ! 上手でしょ? ソース? しょうゆ?」
「・・・塩」
「ええー! お塩だけでいいのおー?」
「途中で塩コショウちゃんとしてあるならなんもつけなくてもいい」
「塩コショウならちゃんとしたよ!」
ほらっ! とドヤ顔でフライパンからお皿に目玉焼きらしきものを移し。
見たところかっなーりヤバそうな具合に塩コショウがかかってる。
・・・辛いのは構わんが塩分とりすぎだろ・・・。

皿を見つめたまま立ち尽くす俺に、追い打ちをかけるような言葉。
「んっとね、今日からお友達んとこ行くから! いいお仕事紹介してください、って!」
「昨日の今日でもう行くのか」
「うん! だってねえ、鉄は熱いうちに打てっていうだろ? だから今すぐ行動に移すのがいいの!」
「ユノは熱いうちに打て、ってことか」
「そお! チャンミン、わかってるじゃーん!」

よしよし。俺の頭を余裕ぶっこいてナデナデしてられるのも今のうちだ。
「ん?」
後ろを向かせて。
「熱いんだろ? ・・・打ってやる」
「え? なぁに? ・・・あ!」

なぁに? とか聞くくせに俺がズボンずりさげたらちゃんとシンクつかむところが誘い受けっつーんだよ。
あぁ、ん。こうしてお前を抱くのは、俺のわがままなのかな。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

sui2618

Author:sui2618
東方神起ミンホ/ホミンBL。東方神起はふたり。ALLユノペン、ホミンペン、BUT迷彩チャミペン、エロチャミペン、ショタチャミペン。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
2014-2-12-homin1-200.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。