Rain Second 39

「なんで・・・ここに」
ユノの目は明らかに俺を責めていた。どんな目で見られても。
お前に会えるならいい。今まで、軽く考えすぎてた。
お前が俺のそばにいてくれる、奇跡を。
「彼が呼んでも来ないけど、僕が呼んだら来るってことを教えてあげたくてね」
ホジュンさんが意地悪く言う。ユノは自然にホジュンの隣に座った。不機嫌な顔で。

「ユノ、本当に・・・ごめん。俺、お前じゃなきゃダメなんだ」
ユノは鼻で笑う。首を横に振って。
目を閉じた。隣に座るホジュンさんがため息をつく。
「あなたはそうかもしれない、チャンミンさん。でも、ユノは違うみたいですよ」
ユノは何も答えなかった。
「・・・ユノ」
見つめる目を、避けて。
ユノはコーヒーをすする。甘い飲み物のほうが、好きなくせに。
奴といるときは、無理してるんじゃないか。
「なんで、そんなの飲んでるんだよ、ユノ。好きなものを飲めばいいだろ? なんで無理して・・・」
俺の言葉に。
ホジュンさんが笑った。なんで笑われているのか、わからなかった。
「あなたは本当に何もわかってないんですね」
ユノが憮然とした表情でカップを置く。

僕はこんなもの勧めたりしませんよ。僕はユノに何でも好きなことをさせる。
甘いものが飲みたければココアでも、どんなに甘いストロベリードリンクでも、好きなだけ飲ませる。
でも、ユノは。・・・無理をしてでも、好きな人に合わせたいんです。
その人がコーヒーを飲むからコーヒーを飲む。
好きでもないのに、いくつか買い込んで飲み比べまでしてる。
僕なら何も言わないで好きにさせてやるのに、小言を言われても浮気されても嫉妬で不条理に怒られても。
じっと、耐えるんですよ。かわいそうで見ていられない。
僕にしたらいいって、何度言っても聞かないんです。
僕なら、好きなだけ甘えさせてやれる。ユノが求める優しさを全部あげる。
ユノを信じて、一度も疑ったりしない。ユノが苦手なことは、文句ひとつ言わずにしてあげるのに。

・・・それでも。ユノは、その人じゃなきゃダメなんだそうです、よ。
チャンミンさん。ホジュンさんは立ち上がって伝票を持つ。
それは、俺が。言うとホジュンさんは俺の言葉を片手で制して。

最後くらい、カッコつけさせてください。・・・ユノ。
君が望むなら、ずっと、居心地のいい親友でいてあげる。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

sui2618

Author:sui2618
東方神起ミンホ/ホミンBL。東方神起はふたり。ALLユノペン、ホミンペン、BUT迷彩チャミペン、エロチャミペン、ショタチャミペン。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
2014-2-12-homin1-200.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR