Rain Second 40

歩き出すホジュンさんの後を追おうとして立ち上がるユノの、腕を。
つかむ。引き戻して椅子に座らせる。
「・・・ごめん。本当にごめん」
ユノは答えない。うつむいて、目にうっすら涙を浮かべてる。
「ちゃんとお前を信じる。おまえのしたいことをしていい。文句も言わない。・・・だから」
「いい」
「ユノ、頼む。俺はお前じゃなきゃ」
「だから、いいって言ってるだろ?」
「・・・え?」
意味が分からなくて、聞き返す。
ユノは俯いたまま言葉を続けた。

俺は・・・、俺は甘えたいわけじゃない。
ホジュニヒョンの、言う通りだ。ホジュニヒョンを好きになればよかった。
・・・だけど、ダメなんだ。つらいし、苦しいし、やなことだって多い。・・・だけど。
俺、チャンミンじゃなきゃダメなんだ。

ユノの言葉に、本当に傷つけたことに、改めて気づく。
「ごめん・・・な、ユノ」
「謝らなくていい」
「でも」
「悪いなんて思ってないだろ? 俺が怒ったから・・・謝ってるだけだ。本当は今だって」
ユノは俺を見つめて笑う。笑いながら涙を一筋、流して。

ホジュニヒョンにヤキモチ、焼いてんだろ。チャンミンらしいよ。
呆れてものが言えない。・・・でも。

大好きだ。優しく笑う、ユノを。
人目も気にせず、抱きしめた。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

茶摘みのおばちゃん♡さま、いつもありがとうございます。

Rainユノ好きなんですね^^
うれしいです。書いてる本人としてはあまり違いはわかりませんが
やっぱりどこか違うんでしょうね。
茶摘みのおばちゃん♡さまを見たらRainを思い出すよう刷り込みしますw

Re: No title

ちゅかみんさま、いつもありがとうございます

そうなんですよね、チャンミンって愛が深そうな割に
そうでもなかったりしてw
まあ、ユノの気持ちは揺らぎませんけどね・・・!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

とりあえず、元のサヤに収まったっと。
ユノちゃんの大きな懐の中で、ジタバタしてるチャンミンかな。。
ジタバタし過ぎて、時々、ユノちゃんの心を傷つけちゃう。
その傷口を治す薬が、チャンミンを愛する気持ちみたいな。。
イイ男だよねぇ。。。
プロフィール

sui2618

Author:sui2618
東方神起ミンホ/ホミンBL。東方神起はふたり。ALLユノペン、ホミンペン、BUT迷彩チャミペン、エロチャミペン、ショタチャミペン。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
2014-2-12-homin1-200.gif
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR